衣替えで衣類を知る

衣替え習慣

衣替えの習慣はいつからあるのでしょうか。制服・会社で衣替えの時期が近いからと聞くと、もうそんな時期なんだ家の衣替えもしなくてはと思う方も少なくないと思います。
平安宮中行事が始まりです。旧暦4月1日・10月1日の夏服・冬服に着替える事に始まりました。江戸時代になると4月1日~5月4日・5月5日~8月末・9月1日~9月8日・9月9日~翌年3月末の4回になりました。明治6年1月1日新暦採用され6月1日~9月30日夏服・10月1日~翌年5月31日冬服が広まり習慣となりました。日本独特の習慣です。衣替えは春夏秋冬季節、日本の四季を感じられる習慣です。
近年は温暖化により古くからの季節感を感じられない事もあり寂しい感じがあります。

衣替えの目的

衣替えは使った衣類にありがとうと綺麗にして次のシーズンまたお世話になりますねと、休んでもらいます。大事に扱うとその人に馴染んで綺麗に着こなせます。しわだらけ・黄ばんだままでは衣類に虫食いが発生して穴が開いて着れなくなってしまいます。お気に入りの衣類がそんな事になったら悲しいですね。これから着る衣類も大事ですが、お世話になった衣類のお手入れの方が大事になります。
また、長く愛用したく、ホームケアで改善できなければクリーニングは利用したいサービスですね。
親子で衣替えをするとお手入れ・整理整頓が身について季節感も分かるようになりますね。衣替えは衣類を入れ替えるだけでなく、衣類の状態でお手入れをして衣類の状態を知る事ができます。


この記事をシェアする