衣替えの意味

衣替えは毎回大変で憂鬱になる方もいます。衣替えは結構大変な作業になります。コツ・ポイントを押さえて衣替えをすると次の衣替えが楽になります。何となく寒くなってきたから、暑くなってきたから衣替えをする事もあると思います。衣替えは衣類を入れ替えるだけではありません。衣替えの習慣・歴史で目的・意味が分かってきます。日本は春夏秋冬の四季があります。四季に合わせて衣替えする事でメリットがあります。衣替えで四季を感じて、衣類の素材特徴も分かってきます。素材特徴に合ったお手入れ方法がわかると長く愛用できます。お気に入りはどうしても着る頻度が多くなります。お気に入りであれば尚更気を付けていきたいですね。衣替えは衣類とお話する時間と思えば面倒な事ではないかもしれません。
衣替えは工夫次第で楽に負担を軽減できます。いきなり始めると沢山ありすぎて途中嫌になってしまうので、計画的に進めます。グループごと、部分的に始めるとスムーズに進められます。寒い時期から暖かくなる時、暑い時期から寒くなる時一番季節的に何を着たらいいか一番難しい時です。暖かくなってきたら明るい色のセーター、涼しくなってきたらダークな半袖に羽織れる物と素材は変えず色で季節感を出す方法があります。
衣替えの準備としてコツが分かると簡単に進められます。収納しやすいアイテム・見た目がお洒落な物を使う、グループごとに収納ケースを色分けすると楽しくなります。
気になる汚れの場合は素材によってお手入れが違うのでしまう前にしっかり綺麗にしましょう。整理整頓して収納するのは身につけておくと他の事にも役に立ちます。
衣替えでいらない衣類の断捨離ができます。断捨離で使ってくれる人にお譲りする事で次の場所で活躍してくれます。

衣替えで衣類を知る

衣替えの意味は昔からある習慣と歴史、目的がわかると面倒と思っていた衣替えの感じ方が違ってきます。衣替えはいつから習慣付いてきたのでしょうか。習慣には必ず歴史があります。それが今に活かされている目的になるのです。役に立つ習慣・歴史はずっと残したいですね。

快適な衣類を着こなす為に

衣替えは快適に過ごす為の手段の一つです。寒くては震えてしまい、暑くては汗をかいて不快感があります。 上手に季節に合わせてファッションとしても楽しめます。衣替えは衣類の事を知る機会でもあります。気づいていなかった生地の傷み・汚れをお手入れすると次のシーズンも着れて長く愛用できます。

お手入れで衣類の整理整頓

衣替えで衣類の汚れをチェックしてお気に入りの衣類は次のシーズンも着たいですね。日頃できるお手入れで衣替えのストレスを軽減します。衣替えは普段見落としがちな衣類の状態を知る事もできます。衣類の断捨離をする事でスッキリするだけでなく、少し前の「お下がり」と同じ意味の活用で無駄がなくなります。